提案便り2020/9

 こんにちは。 今回は滋賀物流 矢間が担当させていただきます。  

 以前に聞いた話ですが、宴会などで幹事が『残さずに食べよう』という
声かけをすると、声掛けのない場合に比べて、食べ残しが4分の1に減った
そうです。 またスーパーでも、形が悪く色落ちした野菜の値引き販売で
 『もったいないので食べてください』
という掲示を付けると ない場合に比べ1割ほど
廃棄する商品が減ったということでした。

 話は少し変わりますが、仕事においても確認作業する際に 無言で確認するより声を
出して確認、指差し確認することで ミスが4分の1減ったと聞いたことがあります。  

 私は出荷作業を担当してますので、数量違い・品番違いなどありましたら 誤出荷に繋がります。
いつも一人でつぶやきながら独り言が多い人と周りから思われているもしれませんが
自分でもやるやらないでは効果が違うと思います。

皆さんも普段から、作業の注意事項など頭に入っていると思いますが、
急いでいたり、焦っていたりしているときは特にミスが多くなります。
そんなときこそ仲間への声掛け、確認の声出しをすることで ミスを
事前に防げると思います。

 普段から実行されてる方も多いと思いますが 自分だけでなく、
まわりにも目を向けて、声掛けの飛び交う職場になるよう、 みんなで協力していきましょう。

前の記事

提案便り2020/8