提案便り2020/11

 皆さんこんにちは。今月は滋賀パーツが担当させていただきます。

 朝晩はめっきり冷え込むようになってきましたが、しっかりと生活リズムを整えて
今年は特に体調をくずさないようにしたいものです。

 空気が冷えると夜空がきれいにみえます。
先日、子供の宿題に月の観察というのがありました。そんな月の見え方について、日本ではよく ‘月にうさぎがいてお餅をついている‘ と大半の方が小さい頃に聞かされてきたかと思います。
子供にも改めて、「何の形に見える?」と聞くと、すかさず 「丸!!」と
答えてました・・・(泣)。
その月のウサギについてのいくつもの物語もあるくらいです。

 しかし、世界に目を向けてみると、

   アラビア         ・・・・ 吠えるライオン
   南ヨーロッパ       ・・・・ カニ
   インド          ・・・・ ワニ
   東ヨーロッパ・アメリカ  ・・・・ 髪の長い女性

など、多様な見え方があることがよくわかります。(向きが違うという理由もありますが。)
私は、小さな時に聞かされていた  ‘ウサギ‘ 以外で、何に見えるかをあまり考えたことはありませんでした。
それはやはり、私の中での固定観念があるからではないかと思います。
その固定概念を払拭するのはとても難しいことですが・・・。

職場の中でも同じように、その場にいつも置かれている物が、
本当にその場のままで良いのか、
また、他の使い方はないだろうか・・・
など、一人ひとりの見方をかえてみると大きな改善提案にもつながるのではないかと思います。

今年も残すところわずかとなりました。来年もよりよく仕事ができるように小さなことから改善していけると良いですね。

前の記事

提案便り2020/10